2021.04.07
# 不動産

中古マンション「値引き交渉」が成功しやすい物件「7つの特徴」

売主の売却状況を読むことが大切
針山 昌幸 プロフィール

家庭環境が変わるケースも

特に売主が購入した住宅が新築マンションの場合、新築マンションが完成して入居するまでには、かなりの時間があります。それだけの期間販売を成功させることが出来ず、いよいよ住宅ローンの支払いがダブルでかかってくるという重圧は大きいものです。

このようなタイミングでは、中古マンションの値引きが成功する確率が高いと言えます。

【値引き可能ケース3】海外転勤が決まっており、日本国内に親族がおらず、転勤までに売却を済ませたいと思っている

意外と多いのがこのケースです。グローバル化が進む中で、海外転勤を命じられ、それであればマンションを売却しようとするケースです。この場合、売主の親族が日本にいれば、委任状を用意することで、その親族にマンション売却を依頼することもできます。

しかし親族がいない場合、基本的には海外赴任に出発する日までに引き渡しをしなければいけません。

photo by istock
 

【値引き可能ケース4】離婚が決まっており、早期にマンションを売却したい

マンションを売却する理由の1つに「離婚」があります。離婚が決まった場合、夫婦で一緒に暮らしていたマンションは売却するケースがほとんどです。マンションを売却して現金化し、財産を分配するのです。

離婚でマンションを売却する場合、「多少安くてもいいから、一刻も早くマンションを処分したい」と考える方もいます。

関連記事

おすすめの記事