2021.04.07
# 不動産

中古マンション「値引き交渉」が成功しやすい物件「7つの特徴」

売主の売却状況を読むことが大切
針山 昌幸 プロフィール

売主の「次の家」はどうか

【値引き可能ケース1】既に新居を住宅ローンで購入し、住み始めている

これは最も値引き交渉が効きやすいケースです。今まで住んでいたマンションを住み替えのために売却する場合、新しい住宅も基本的には住宅ローンを組んで購入する人がほとんどです。

既に新しい新居に住んでいるということは、住宅ローンの支払いが「新しい新居」と「これまで住んでいた家」のダブルになっているということです。

そして「これまで住んでいた家」の住宅ローンの支払いについては、金利部分は完全な捨て金ですし、所有している期間は管理費・修繕積立金を支払う必要があり、これらの支払いのお金は家計にとって重くのしかかって来るのが事実です。

このような状況にあると「少しぐらい値引きしてもいいから、早くマンションの売却活動を終わりにしたい」と売主は考えます。住宅ローンの支払いがあるマンションの売却活動は、精神的にハードなものなのです。

見分け方として、マンションを見学した際に部屋が空室であればこの可能性があります。もちろん空室だからと言って必ず値引き出来る訳ではありませんので、あくまでも一つの指標としてお考えください。

 

【値引き可能ケース2】既に新居を住宅ローンで購入し、その入居時期が迫っている

上記の「既に新しい新居を住宅ローンで購入し、住み始めている」に近いケースです。売主が、今はまだ売却中のマンションに住んでいるものの、もうすぐ新しい新居の入居時期になるというパターンです。

関連記事

おすすめの記事