〔PHOTO〕Gettyimages

小室圭さん・眞子さまの結婚問題、宮内庁・官邸がいよいよ「解決」のため動き始めた…!

人事の変化

天皇皇后ご夫妻が表舞台に登場する機会が増えている。3月11日には東日本大震災10周年記念式典に出席し、同月末には皇室行事「歌会始の儀」も復活した。

そんななか、新年度の始まりと同時に、宮内庁でも西村泰彦宮内庁長官が新たな体制をスタートさせた。天皇のお世話役である「侍従長」は、小田野展文氏から別所浩郎侍従次長にバトンタッチ。侍従次長の後任には、天皇が皇太子時代に東宮侍従として仕えた坂根工博元国交省国土政策局長を据えた。

〔PHOTO〕Gettyimages
 

これで、侍従長は5代連続して外務官僚が就くことになるが、そこには微妙な変化も見られる。前例踏襲主義の“守り”の小田野氏に代わった別所氏は、国連大使や駐韓大使等を歴任した、国際派の“攻め”のタイプである。

「第一次安倍内閣時には日本人拉致問題で首相に直言した過去をもつなど、気骨もある」と言われ、外務省ととかく反目しがちだった警察庁も好意的なようだ。

また上皇侍従長も、外務省出身の河相周夫氏に代えて、西村長官の警察庁の後輩で、宮内庁総務課長、侍従経験者の沖田芳樹内閣危機管理監を起用することが検討されているという。ちなみに、その際の危機管理監の後任には、安倍晋三首相秘書官だった大石吉彦警察庁警備局長が異例の抜擢人事で起用される可能性があるという。

編集部からのお知らせ!

関連記事