意外と知らない…空前の「ショートショートブーム」が起こっている「これだけの理由」

実はいま、かつてないほど短編小説/ショートショートに注目が集まっている。

その嚆矢となったのは、学研の『5分後に意外な結末』から始まる中高生向けのシリーズだろう。累計300万部を突破した「5分後」シリーズが確立した「○分+訴求する感情(泣ける、怖い、恋、等々)」というフォーマットは無数のフォロワーを生んだ。

全国の小中高校で1日10分程度実施される「朝の読書」で1話ちょうど読み切れる程度の分量の短編をまとめて本としてパッケージングすることに、大きな需要があったからだ。

 

2021年4月には、主に「週刊少年ジャンプ」掲載マンガのノベライズを刊行するレーベル集英社ジャンプjBOOKSもオリジナル短編集『5分で読める驚愕のラストの物語』『5分で読める胸キュンなラストの物語』『5分で読める恐怖のラストの物語』で新規参入するなど、今もこのジャンルは拡大を続けている。

また、氏田雄介がネット上で流通しやすい形式を狙って9字×6行の正方形サイズの原稿用紙フォーマットに2文または3文で構成された物語を綴る『54字の物語』は、氏田が書いたものだけでなくTwitterやInstagram上で無数の参加者(投稿者)を生み、書籍化をきっかけに学校でも用いられるようになった。このフォーマットを利用して投稿を募集した「54字の文学賞」には毎回3000~7000もの作品が集まっている。

編集部からのお知らせ!

関連記事