Photo by iStock
# 環境

専門家からも疑問の声…小泉環境大臣の「コンビニスプーン有料化」は的外れだ

本当にマイスプーンが定着するのか?
レジ袋の次はスプーンだ。「環境」という錦の御旗の下に、色々なプラスチック製品が有料化されていくが、はたして本当に効果があるのか? 専門家たちからも疑問の声が上がっているようで……。

困惑しかない

これは、初めてプラスチックという素材に着目した法律です。例えば、無料で使い捨てプラスチックのスプーンやフォークが配られるということもなくなっていく。世の中が変わっていくことになると考えています」

来年4月の施行を目指すプラスチック資源循環促進法案を閣議決定した3月9日、小泉進次郎環境大臣は、自信たっぷりにこう表明した。

たしかに昨年7月にレジ袋有料化がスタートしてから、スーパーやコンビニのレジでエコバッグを広げる人は増えた。これに気をよくしたのか、「次はスプーンとフォーク、ストローだ」とぶち上げたわけだが、国民からは困惑の声が上がっている。

「ただでさえ、お客さんに『レジ袋は要りますか?』『ポイントカードはお持ちですか?』と聞くことが多いのに、今度は『有料ですが、スプーンやフォークは要りますか?』と尋ねなければなりません。

『なぜこれまで通り、無料でもらえないのか?』と怒鳴る客も必ず出てくる。どれだけ現場に負担を押し付けるつもりなのか」(都内のコンビニで働く60代男性)

Photo by iStock
 

レジでの面倒が増えるだけではない。そもそも「環境政策」としてどれだけ有効なのか、という根本的な疑問もある。

廃棄物管理政策が専門の石川雅紀・神戸大学名誉教授は、今回の件に関して「いきなり報道で大々的にスプーンのような細かな製品の話が取り上げられたので、正直びっくりした」と驚きを隠さない。

スプーンやストローなどを有料化することで果たして、現実的にどれくらいの二酸化炭素が削減できるのか。

昨年からレジ袋の有料化が始まっていますが、その効果をきちんと検証したデータはまだ出てきていません。

実行面でも、スプーンやストローはレジ袋以上に多様なシチュエーションで使われる。

どのように規制するのか、罰則を設けるならどのように監視するのか、あいまいな部分が多い。世界的に見ても、ストローなどのカトラリーを有料化するという例はあまり見たことがない」(石川氏)

編集部からのお知らせ!

関連記事