だClubhoouseで出会ったあるセミナールーム

少し前に、一躍ブームになった音声SNSの「Clubhouse(クラブハウス)」。招待制で、アプリ内での会話は基本、録音、記録禁止。リアルタイムの会話を音声のみで楽しむというSNSだ。

私は2月下旬に参加すると、医療や健康情報などの記事を書くことが多いため、キーワードで「Wellness」に属するものをいくつかチョイスした。設定が終わると、自分に向いているということで、いくつかのルーム(トークをしている場所)が表示された。その中に「女性のからだを語ろう」というような内容のルームがあり、試しに入ってみることにした。

-AD-

入ってみると、名前だけ知っている美容系のAさんが主催者になっていた。そして、スピーカーの方が、他に2人。プロフィールを見るとよくわからないカタカナの資格を持っていた。ふたりをBさん、Cさんとしよう。Clubhouseのルールとして、録音や記録は禁止となっているので詳細は書かないことをお許しいただきたい。ざっくりと内容がわかる形でお伝えしたい。

音声SNSだが、セミナー形式のルームを開催している人が多い「Clubhouse」。photo/Getty Images

彼女たちをトークはすでに始まっていて、200人ほど集まり、なかなか盛況だった。ルームに参加した女性たちの悩みに答えるという形式で展開をしていた。30歳の女性が自分の体調について語っていた。むくみがひどく、めまいや頭痛などの不定愁訴が頻発しているという。すると突然、Bさんが「もしかして、ピル飲んでいるでしょ!?」と発言した。女性は「はい、生理痛もひどかったんで低用量ピルを産婦人科でもらっています」と答える。そこでCさんが間に割って入り「もう、すぐにピルはやめて。だから体調が悪いのよ!」と続けたのだ。