またもや菅総理に忖度か…?NHK会長が進める「異例の人事抜擢」驚きの中身

俺は毎日総理とメールしているんだ

〈「次期トップマネジメント人財選抜プログラム」で、選考を重ねた結果、最終的に12人の方々が、地域放送局長を含む経営部門の主要ポストへの道を掴みました。おめでとうございます〉

「会長メッセージ」と題されたこんな文書が、NHK内部で波紋を呼んでいる。中堅記者が語る。

「副部長クラスの40代の職員を前田晃伸会長が直々に選抜し、経営幹部に抜擢する異例の人事が行われたのです」

Image by iStock
 

本誌が入手した資料によれば、前田会長自身が書類選考や面接を行い、報道局のチーフプロデューサーやアナウンス室副部長などを「有資格者」として選抜した。4月中にも内示を出すという。

「しかし顔ぶれを見ても、目立つ実績があるわけではない。副部長から地域放送局長となれば3階級特進ですから、『いったい何を基準に決めたんだ』と疑問の声が上がっています」(前出・中堅記者)

具体的な選考過程をNHK広報に問い合わせたものの「個別の人事にかかわることについては、お答えしていません」とのこと。前田会長の一存で恣意的な人事がなされたのではないかと疑われても仕方がない。

編集部からのお知らせ!

関連記事