「鬼滅」以上の可能性? 「呪術廻戦」が不況のファッション業界を救うかもしれないワケ

磯部 孝 プロフィール

「呪術」はまだまだ供給不足

コンテンツファッションは、需給バランスから見て、先行者利益が得られやすいビジネスモデルともいえる。

充分な供給量が確保され、需要をある程度満たしてしまえば、セールスがピークアウトに向かっていくのはごく自然の流れ。大ヒットした『鬼滅の刃』はすでにその状態にあるといえよう。

ただ『呪術廻戦』については、いまだ充分な供給量に達していないとの見方が大半だ。実際のアパレル業界の声を聞くと、取り扱った企業では即日完売したところが多く、商品の供給不足で終わったという手応えがあるようだ。

当然、実績を作った企業ではコラボレーションの第二弾、第三弾を企画しているし、若者向けカジュアル専門店として人気の『ウィゴー』やアダストリアグループの『レイジブルー』など新たなプレイヤーも加わり、『呪術廻戦』商戦はいよいよこれからといった様相だ。

「レイジブルー」の呪術廻戦コラボ

その一方で、急速な需要に対して、品質を含めた劣化商品が出てしまわないか気になるところ。ファンコミュニティで使われる「解釈違い」な商品が生まれないようなプロデュースを望みたいところだ。

 

関連記事

おすすめの記事