東京を歌った名曲の数々…なぜきのこ帝国の「東京」は特別なのか

佐藤千亜妃×カツセマサヒコ(1)
現代ビジネス編集部

カウンターソングとしての「東京」

カツセ:今更かもしれませんが、きのこ帝国の「東京」についても、聞きたいです。そもそも「東京」というタイトルの曲、すごく多いじゃないですか。僕はそれらの歌詞を2種類に分けられると思っているんです。東京出身の人が書く最先端な場所としての「東京」と、地方出身の人が上京してきた体(てい)で作る「東京」と。

佐藤:前者はシティ感、後者は寂しさみたいなものをまとっているというか。

カツセ:そうです。でも、きのこ帝国の「東京」を聴いたとき、そのどちらでもないと思ったんです。すごく不思議な距離感の曲で、帰りを待つ主人公と彼のいた場所がたまたま東京だった、というフラットな捉え方がいいなあと思って。それで、佐藤さんの出身はどこなんだろうと気になって、「きのこ帝国 出身」とググったのを覚えています。「東京」の歌詞を書いたときには、どんなことを考えていたんですか?

 

佐藤:実は「東京」を作ったときには明確な意図がありました。同世代の「plenty」というバンドの「東京」という曲が好きでよく聴いていたんです。もちろん、くるりの「東京」も好きで、名だたるアーティストが「東京」という曲を作っていて、きのこ帝国もいつか作りたいと思っていました。plentyの「東京」は、東京で生きていくことの虚しさや寂しさにスポットが当てられていて、くるりの「東京」は、離れてしまった女の子のことを回想する、ちょっとノスタルジックな雰囲気で。それらとまったく色が違う「東京」を作らないと意味がないなと、1〜2年くらい温めていました。だから、きのこ帝国の「東京」は、既存の「東京」という曲へのカウンターソングみたいなものを作ろうという考えがあったんです。

カツセ:カウンターだったんですね!

編集部からのお知らせ!

関連記事