〔PHOTO〕iStock

ついにクラスター発生…治療どころか暴力が振るわれた「入管の酷すぎる実態」

昨年8月、東京都港区にある出入国在留管理庁(入管)の中にある外国人専用収容施設で、イラン人男性ジャファリさんが、新型コロナウィルスに感染してしまった。収容施設内でコロナになったのは彼1人で、原因は発表されていない。

ジャファリさんは、職員に「面会者にうつされたのだろう」と言われた。しかし当時、彼の面会をしていた支援者は3人ほどいたが、誰もコロナに感染していない。

面会室はアクリル板で仕切られ、その下にあるいくつもの声を通す穴はコロナ対策のためテープでびっちり張られているため、面会者から感染することはまずありえないだろう。

面会室の様子(出入国在留管理庁公式サイトより)
 

その後、ジャファリさんは4度目の検査の末、やっと陰性が確認された。しかし汚れた独居房に隔離され、自分で掃除しろとまで言われ、治療らしきものはほとんど受けていなかった。

この件に関して、入管にかかわる弁護士や支援者たちは、もう二度とコロナを起こさないために、できるだけ解放できる人は仮放免を出してほしいと訴え続けていた。

編集部からのお知らせ!

関連記事