文在寅大統領[Photo by gettyimages]

文在寅政権、“崩壊”へ…ヤバすぎる末期状態で、国民の不満が止まらない!

韓国「注射器すり替え疑惑」の全容

韓国で巻き起こった「注射器すり替え疑惑」

「無能なワクチン外交」

「日本より1か月遅れの英アストラゼネカ(AZ)社製ワクチン接種」

等、いわゆる「新型コロナウィルスのワクチン非難」のさ中、文在寅政府が全国民対象のコロナワクチン接種を開始した。

来る6月、イギリスで開催される主要7カ国首脳会議(G7サミット)に先立ち、文在寅大統領は、満65歳以上の接種者第1号としてAZ社製ワクチンを受ける様子を公開した。

ワクチン接種を受ける文在寅大統領と金貞淑夫人[Photo by gettyimages]
 

これに伴い「注射器すり替え論争」が勃発。文大統領は、血栓症の副作用と安全性が懸念されるAZ社製ワクチンではなく、米ファイザー社製ワクチンを接種したというのだ。

注射器すり替え論争は、一部のネットユーザーの間で噂になって拡散され、マスコミまで疑惑をとりあげた。もともと韓国では、文大統領が第1接種者ではないため野党などから批判が絶えなかったこともあり、論争は次々と拡大。

保守派を中心に「政府はワクチン接種の副作用による死亡者を隠蔽している」「文在寅大統領がAZ社製ワクチンの接種者第1号にならないのは、国民を試験台にしているからだ」等の主張が横行中だった。「韓国政府が直接AZ社製ワクチンの危険性を隠している」という陰謀論の根拠として蔑まれるほどである。

そして、支持率30%台へ急落の「レイムダック大統領」に関するさまざまな批判が日に日に高まっている。

国内ではすでに、数十万人の国民がAZ社製ワクチンを接種している。効果と副作用が全世界で検証されている中、今回の「注射器のすり替えショー疑惑」に至った実態を検証する。

関連記事

編集部からのお知らせ!

おすすめの記事

ABJ mark

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標 (登録番号 第6091713号) です。 ABJマークについて、詳しくはこちらを御覧ください。https://aebs.or.jp/