『呪術廻戦』の「神風」に韓国で批判。『鬼滅の刃』に続いて反日団体の標的に

韓国人の「日本の歴史叩き」はどこまで続くのか

韓国人の「日本の歴史叩き」が行きつく先は一体どこなのだろうか。

文在寅政権発足後、韓国での反日ムードは加速している。ヒステリックな「親日派狩り」に続き、旭日模様ひとつで炎上するいわゆる「右翼反対運動」も勢いを増している。結局、『鬼滅の刃』は劇場版アニメとNetflixで配信しているアニメにおいて、耳飾りの模様が変更されることになったが、それだけに留まらず、韓国の反日団体は「全世界で旭日模様を変更すべき」と主張している。

 

「NO JAPAN」のスローガンのもと「日本製品不買運動」を行う一部の韓国人たちは、一方で、日本車に乗り、日本食を食べ、日本産の部品が使われた精密機器を使うという矛盾の中にいる。

そうした一部の韓国人たちには、日本の先進コンテンツや技術力に対する劣等感を歴史問題にすり替えて発散させようとする傾向がある。

不買運動の中にあっても、韓国で人気を博している『鬼滅の刃』と『呪術廻戦』は、韓国が決して追いつけない日本のコンテンツ力を象徴しているともいえる。反日の標的になるということは、裏を返せば作品として優れているという証明なのかもしれない。

編集部からのお知らせ!

関連記事

ABJ mark

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標 (登録番号 第6091713号) です。 ABJマークについて、詳しくはこちらを御覧ください。https://aebs.or.jp/