〔PHOTO〕iStock

「ぼくは射精ができない…」 多くの人が知らない「射精障害」、深刻な「性」活の“リアル”

男性不妊症の目指すゴールは

「射精できなくて困っています」

その男性は、パートナーである奥様と一緒に来院されました。「勃起はします。オナニーで射精することはできるのです。でも、彼女の膣の中では射精することができません。治療することはできますか」、彼はそう言いました。

写真はイメージ(Photo by iStock)

私が勤務する病院の男性不妊症専門外来では、そんな患者が週に何人も来院します。そして彼らには、特徴的なパターンがあります。

・勃起障害ではない
・1人でマスターベーションはできる
・パートナーとセックスをする際にのみ、射精することができない
・現在のパートナー以外にも、過去に一度も膣の中で射精したことがない

彼らは男性として、普通に生活はできてセックスもできます。しかし、「膣の中で射精する」ことだけができないのです。

射精ができない、その正体は…

患者は、子供を希望している人とは限りません。以前には、こんな若い男性が来たこともあります。

「僕の彼女はすごく怖くて…いつも射精ができているかコンドームを見てチェックしてくるのです。でも、なかなか射精ができないから、コンドームを外した後、ベッドの横に隠してある白いノリをコンドームの中に入れて、彼女に見せたことがありました。僕が射精できないと、彼女も傷ついてしまうし、本当に困っています。このままじゃ別れてしまうかもしれません」

実はこうした男性たちは膣の中で射精できない「膣内射精障害」という病気なのです。そして男性の不妊症の原因として、この病気が増加しています。こちらの図を見てください。

男性不妊の患者数・疾患分類の調査結果*1

 

日本国内の男性不妊症の原因を調査した厚生労働省の調査班の研究結果です。1997年と2015年のデータを比較すると、精子の数が少ない、もしくは運動が悪いといった「造精機能障害(黒色)」が8割ほどと最も多く、それ自体にほとんど変化はありません。

しかし、注目すべきは、「性機能障害(白色)」です。著しく増加していることがわかります。逆に、精子の通り道である精管が詰まる「閉塞性精路障害(灰色)」は減少しています。

性機能障害とは、勃起障害もしくは射精障害(主に膣内射精障害)のことを指します。男性不妊症の原因としての性機能障害は勃起障害(6.1%)よりも射精障害(7.4%)の方が多いことがわかっています。

また、勃起障害は治療薬(PDE5阻害薬)という有効な治療法がある一方、射精障害は診察することができる医師も少なく、治療法も定まっていません。射精障害の治療は、とても困難なのです。

編集部からのお知らせ!

関連記事