〔PHOTO〕iStock

絶対失敗できないマンション購入…コロナで大人気の「郊外・地方」が意外とヤバい理由

新型コロナウイルス感染症拡大の影響で在宅勤務が定着し、住まい選びの考え方にも大きな変化が起こっている。価格や賃料が高く、狭い住宅が多い都心やその周辺でなくても、広くて安い住まいが手に入る郊外や地方の人気が高まっている。

しかし、目先のことだけを考えるのではなく、将来における所有不動産の資産価値まで考えることが大切だ。どこに不動産を購入するか、場所選びに失敗すると、二度と住み替えできなくなる可能性があるので、要注意だ。

〔PHOTO〕iStock
 

住まい探し「希望条件」の変化

新型コロナウイルス感染症拡大の影響で、在宅勤務が増えたこともあって、不動産に対するニーズにさまざまな変化が出来た。主なものとしては

・自宅にワークスペースが必要になり、いまより広い住まいを求める人が増加
・広い住まいを確保するためには、都心部やその周辺でなくても、郊外や地方でもいいと考える人が増加
・駅前の密集地より、駅から多少遠くなっても安心して静かに暮らせる場所を希望する人が増えてきた

などが起こっている。

関連記事

Pick Up

編集部からのお知らせ!

おすすめの記事

ABJ mark

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標 (登録番号 第6091713号) です。 ABJマークについて、詳しくはこちらを御覧ください。https://aebs.or.jp/