『スッキリ』での「アイヌ差別発言」、日テレが隠し続ける「当日の台本」の中身

週刊現代 プロフィール

A氏に差別発言の「舞台裏」について聞くも「お話しできません」の一点張り。脳みそ夫の所属事務所「タイタン」は「こうした対応は日本テレビさんが引き受けてくれると、申し出を頂いております」と答えた。

 

当の日テレ広報部は取材にこう回答した。

「演出については、制作担当者と出演者の間で話し合いながら最終的な内容を決めていきます。最終的な放送責任はすべて日本テレビにあります」

その「話し合い」の内容を詳らかにしなければ、事態は収束しないだろう。

『週刊現代』2021年4月3日号より

編集部からのお知らせ!

関連記事

ABJ mark

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標 (登録番号 第6091713号) です。 ABJマークについて、詳しくはこちらを御覧ください。https://aebs.or.jp/