Photo by gettyimages

大ヒット『ウマ娘』の恩恵がこんなところにも!?「東京都競馬」にまさかの特需

なんとも、ウマい話が

株価が約1.4倍まで上昇した

「ゲームのことはまったく知りませんでしたが、競馬を楽しむお客様の裾野が広がっているのは大変ありがたい。嬉しい限りです」

こう顔をほころばせるのは、東証一部上場企業「東京都競馬」の中西充社長だ。今年の2月以降、同社の株価が急騰し、投資家の間で大きな注目を集めている。

「大井競馬場の運営など競馬周辺事業を手がける同社の株価は、年初には4290円だったものが、3月16日には5920円と、約1・4倍まで上昇しました」(マーケットアナリストの藤本誠之氏)

Image by iStock
 

同社の好業績を牽引しているのが、開発、運用をしているインターネット馬券発売システムだ。

「近年、ネット投票の売り上げ高は前年比約2割増で推移していましたが、コロナ禍で外出が難しくなったことによりネット投票にお客様が集中し、'20年12月期は6割増の約185億円となり、業績を大幅に押し上げました」(東京都競馬企画部)

「コロナ特需」で業績絶好調の同社だが、株価が急上昇している背景には、もうひとつ理由がある。

関連記事

Pick Up

編集部からのお知らせ!

おすすめの記事

ABJ mark

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標 (登録番号 第6091713号) です。 ABJマークについて、詳しくはこちらを御覧ください。https://aebs.or.jp/