即ダウンロード可のコミュニケーションアプリ

そんなアプリ、初めて聞いた。周囲の大人たちに聞いてみても誰も知らなかった。

調べてみると、これ系の“匿名電話アプリ”は、たくさんあった。オンラインの利用者同士を無作為に繋いで匿名同士でテレビ電話ができるほか、掲示板、ゲーム、カラオケ動画の配信、ライブ配信が行えるものもあり、10代・20代を中心に2800万以上ダウンロードされたアプリもあるという。

エンタメ系コンテンツも多数用意されているうえ、見知らぬ人といきなり電話がつながってビデオ電話ができ、24時間で電話番号が変わるため「その場限り」であることなど、「嫌な相手なら即切りできて、実名も知られないなら大丈夫」と考える子供も多いようだ。

あからさまな「出会い系アプリ」には見えないから、子供が友達に「おもしろいアプリあるよ」と勧められたら、見ず知らずの人と会話するシミュレーションゲーム的な感覚でダウンロードして利用してしまいそうだ。

-AD-

ここで一体、どんなことが行われているのか。
「パパ活しちゃう女子中学生とかいっぱいいるって聞く。男側もエロ目的で、実際に会おうとしたり、映画みたいにいきなりヤバい写真送ってきて、『もだえて』とか要求してくる奴がいるんだって。

俺は使ったことないけど、YouTubeのショート動画とかに、匿名電話アプリを使ったエロおやじとの会話を録画した動画をアップしてる女子とかネカマがいるから、その動画は見たことあるよ」(息子)

いかにも「出会い系」なら躊躇しても、ゲーム感覚の匿名電話アプリとなれば、子供たちの警戒感はぐっと下がり、アプリ提供側が設定している年齢制限以下でも簡単に偽って、気軽に利用してしまう危険性は高い。