Photo by iStock

親に「医学部受験」を強要された多浪生たち…知られざるその「過酷な実態」

中には、15浪まで粘った人も…

2018年1月、医学部受験で9年間浪人した女性が、受験を強要し続けた母親を殺害するという悲惨な事件が発生。今年1月に控訴審で言い渡された「懲役10年」の判決が、翌2月に確定した。

また2018年7月には、当時の文部科学省局長が、同省の私大支援事業で東京医科大学に便宜を図る見返りに、1浪の息子を合格させてもらったという受託収賄容疑で逮捕された。この汚職事件の初公判は昨年7月に開かれ、現在係争中だ。今年3月22日には、息子が「加点がなくても合格したのに、裏口入学と言われ悔しい」と法廷で証言し、注目を集めた。

2018年に起きた2つの事件に共通するのは、難関の医学部入試を突破してほしいという親の強い思いだ。

医学部入試の合格者、医学部から進路変更を余儀なくされた多浪生、医学部受験に詳しい予備校関係者らへの取材をもとに、医学部受験に挑む親子の苦悩や多浪という現象の問題点について紹介する。

Photo by iStock
 

親からの強すぎるプレッシャー

「母親が医学部に進学するよう要求し、9年間も娘に浪人させるなんて、医学部志向が強すぎる親の典型例ですね。子どもがかわいそうです」

精神科医で、緑鐵受験指導ゼミナールの代表を務める和田秀樹さんは、9年間も医学部を受験するよう強要し、教育虐待を行った母親についてこう話す。

この事件では、娘は9年間の浪人の末、国立大学の看護学部に進学。大学4年生のとき、大学の附属病院から就職の内定が出ていたが、母親は、辞退して助産師学校の試験を受けるよう要求してきた。その試験を受けたが不合格だったことを夜通し叱責されたことから、娘は凶行に及んだ。

この事件は極端な例ではあるが、親が子どもの志望を無視して、自分の希望を執拗に押し付ける「教育虐待」は少なくない。その際に、親が希望する進学先として多いのが、「医学部」だ。

編集部からのお知らせ!

関連記事