# 戦略

ワンピース、ポケモン…「いらすとや」が次々と「大人気コラボ」を実現できるワケ

古田 拓也 プロフィール

追従サイトは「いらすとや」を破れるか

実は、「いらすとや」が毎日更新をストップしてから、そのビジネスモデルに追従するサイトが雨後の筍の如く出現している。「いらすとや」の正式名称が「かわいいフリー素材集 いらすとや」であることから、サイト名やホームページのメタタグ等に「かわいい フリー素材」などと挿入することで、「いらすとや」のユーザー層を引き継ごうとする動きをする業者も一部ではみられる。

しかし、「いらすとや」のビジネスモデルは、逆説的であるが、「ビジネス」でないからこそ成立する側面もある。

「いらすとや」が開設されて最初の数年は、アクセス数も知名度も高くはない状態であった。運営者のみふねたかし氏が「いらすとや」にかけた時間を人件費に換算し、サイトを運営するためのサーバー代等を加味すれば、多少の広告収入が入ったとしても、はじめは実質的に赤字で運営されてきたものであると推察される。

そして、「ビジネス的」にやろうとすれば本来は利用シーンが見出せないような「電子レンジで卵を加熱したら爆発してしまったイラスト」や「つけ麺の焼き石のイラスト」、「買い物の帰りにレジ袋の中で寄ってしまったパック寿司のいらすと」のような素材に手を回すのは不可能なはずだ。

 

なぜなら、このような素材は制作コストに対してアクセス数が見込みづらく、広告費で回収できる見込みが低いと判断されるからだ。

編集部からのお知らせ!

関連記事