Photo by iStock

家事すらできないの?…発達障害の女性を苦しめる、「理想の妻像」という呪い

僕が「胸糞悪いバイアス」を捨てるまで

※本稿には、実際のDV被害に関する表現が含まれています。

20年ほど前、ある夜のこと

目が回るような忙しいスケジュールをこなし、仕事が終わった。

「あと1時間で帰れるから、何かご飯作っといてほしい」

妻にメールを1本送り、疲れはてた体に鞭打って帰宅する。時間は遅いが、住宅街の家々はまだ遅い夕食の香りが漂い、腹が鳴る。あの家は揚げ物、あの家はカレー。

Photo by iStock
 

けれど、我が家の前にたどり着いても、何の香りもしてこない。台所の窓はナツメ球の薄明り。家に入れば蒸し暑いほどに暖房がかかった居間から、バリバリとゲームの戦闘音が響く。

「ただいま。ごはんは?」

「あ、おかえり。てか、帰るの早くない?」

「意外に道が空いてた。ごはんは?」

「お米は研いだよ」

「お米研いで、ほかは?」

「え? まだ?」

またか……。いつものこと過ぎて、文句も出ない。黙って仕事道具を片づけたり部屋着に着替える僕を尻目に、妻はゲーム機のコントローラーから手を離さない。

「ねえ! ご飯どうするの?」

「まって、セーブできるところまで」

そんなこんなで、疲れ果てて帰ってきてから、妻が食事を作ってくれるまで小一時間もかかろうか。その間にシャワーなど済ませ、待ちに待って食卓に行くと、微妙に黒焦げのおかずだけが一品、雑多な物で散らかったままのテーブルの上に乗っていた。

編集部からのお知らせ!

関連記事