森三中の大島美幸さん、ゲーム中「死んじゃえばいいのに」とつぶやいた息子に言い聞かせたこと

子育て&夫婦円満の秘訣とは…
音部 美穂 プロフィール

これぞ夫婦円満の秘訣!

「書くとキリがなくて、紙がトイレの床まで届いちゃうから(笑)。それに、息子に対しては文字にしてわかりやすくすることが大事だと思うんですが、夫に対しては文字にすると逆に攻撃しているようで良くない気がするんです。

たとえば私は、夫がドスドスと大きな足音を立てて歩いたり、お米を研ぐ時にお米をシンクにたくさんこぼしてしまったりするのが気になるんですが、『足音を立てるな!』『お米をこぼすな!』などとルールを貼っても、すぐには直らないかもしれない。

でも、ルールを貼っていたら、『貼っているから、直してくれるはず』と過剰な期待を抱いて、その結果ストレスがたまるわけです。だったら、ルール化するのではなく、そのつど注意したほうがいいかなって。

その時も『足音がうるさい!』ではなく、『すり足!』などというようにしました。以前は、このようなささいなことでケンカになることも多かったのですが、言い方を意識するようになってから、ストレスが減ったような気がします」

夫婦円満の秘訣は、無理をしないことだと語る大島さん。「やりたくないと思ったことは、やらない!」と潔い。

 

「『どうしてやってくれないの?』『私はあれもこれもやってるのに』などと言うと、家庭内がギスギスしますよね。だから、面倒だなと思ったことは、割り切ってやらない。

たとえば休日の朝、目覚めて『朝ごはん作るの面倒くさいなぁ』と感じたら、起きているのに布団にもぐりこんで、夫が起きて朝食を作り始めるまで待つという作戦をとっています(笑)」

現在放送・配信中の話題のアニメ『どすこいすしずもう』で、相撲の取り組みを解説する「お茶解説者」の声を担当している大島さん。

寿司ネタをモチーフにした「すし力士」たちの土俵勝負を迫力満点に、ユーモアたっぷりに描いた作品で、それぞれのキャラクターが自分の得意技を磨くために邁進する様子も見どころのひとつだ。

アニメ『どすこいすしずもう』

「すし力士たちもそうなのですが、何かに一生懸命になっている姿は、応援したくなるんですよね。

息子の場合は、今はゲームに夢中なわけですが、単にゲームをプレーするだけでなく、YouTubeで攻略法の動画を見たりして、めちゃくちゃ研究しています。

ゲームというと、顔をしかめるお父さん、お母さんもいるかもしれませんが、これはこれでアリだと私は思う。攻略法まで研究しているのだから、ある意味“勉強している”わけだし、時間を忘れてのめり込むほど好きなものが見つかるって、幸せなことだと思うんですよ」

関連記事