「ヒトらしさを決める遺伝子」はいつ生まれたのか?

人類誕生と一致しない奇妙なストーリー
更科 功 プロフィール

遺伝子の歴史をさかのぼる

下の図は、ある遺伝子が、無性生殖をする集団中を伝わっていくパターンを表している。各世代の個体数は6個体で、遺伝子は子孫に伝わることもあるし、伝わらないこともある。

【図】遺伝子の伝わりかたある遺伝子が、無性生殖をする集団中を伝わっていくパターン

さて、現在(7世代目)から時間を逆にさかのぼってみよう。任意の2つの遺伝子を選んで時間をさかのぼると、2つの系統はある時点で1つの祖先遺伝子へたどり着く。これを「合祖する」という。どの遺伝子を選ぶかによって、合祖するまでの世代数は変化する。

たとえば、遺伝子Aと遺伝子Bは、合祖するのに4世代かかる。一方、遺伝子Bと遺伝子Cは、わずか2世代さかのぼるだけで合祖する。

私たちは有性生殖をする生物なので、遺伝子の伝わり方が、図1とは少し違う。図1は無性生殖を念頭に置いて描かれた図だからだ。とはいえ「どの2つの遺伝子を選んでも、十分に時間をさかのぼれば、必ず1つの祖先遺伝子に合祖する」という基本は、有性生殖でも無性生殖でも同じである。

合祖を考えるときに注意しなくてはならないことが2つある。1つ目は、集団中のすべての個体の祖先遺伝子をもつ個体が、集団の起源とは限らないということだ。図1で考えれば、現在(7世代目)の集団中の、すべての個体の祖先遺伝子をもつ個体は、3世代目の遺伝子Dを持つ個体だ。でも、明らかに、この個体は集団の起源ではない。集団は3世代目よりも前から続いているからだ。

【図】集団の起源と祖先遺伝子上の図をもとに祖先遺伝子をもつ個体と集団の起源となる個体に注目した図。遺伝子Dが祖先遺伝子で、集団の起源はさらに前の個体である

2つ目は、遺伝子によって合祖までの時間が違うということだ。すべてのヒトのミトコンドリア(の遺伝子)は、約16万年前にアフリカに住んでいた1人の女性に由来する。ヒトが現れたのは約30万年前だから、約16万年前はそれより後である。だから、その女性はヒトであろう。

一方、FOXP2遺伝子は、100万年以上前のアフリカに住んでいた1人の人類に由来する。ヒトが現れたのは約30万年前だから、100万年以上前はそれより前である。だから、その人類はヒトではない。100万年以上前には、まだヒトはいなかったからだ。

関連記事