中国女子の必殺技

「アジア女子には三大技術がある。韓国女子は整形術、日本女子はメイク術、中国女子はアプリ術」と言うジョークみたいな言い回しを中国で聞いたことがあるのですが、まさに中国では、「整形より、メイクより、アプリで盛る」風習があります。

漫画/かいし
-AD-

「美图秀秀」という、2008年から始まった写真修正サービスがあるのですが(モバイル版は2011年から)、自然な感じで顔のパーツを移動して微調整したり、陰影をつけたり、さらに足の長さまで調整出来てしまうので中国人女子に重宝されています。

日本のプリクラと少し似ているような気もしますが、プリクラより時間をかけていじれるので、出来上がったのはもはや写真と言うより、「作品」なのです…!

そこまでいじれるのなら、すっぴんで撮っても後でどうにでもなるので、普段はメイクにあまり力を入れない中国人女子も沢山います。多くの中国人女子にとって、メイクは日常的にするというより、気合を入れたい時や、大切な場面に、自分に施す「魔法」みたいなものだと感じます。

なので街中のすっぴんは珍しいこと・恥ずかしいことでは無いし、売り上げが良いコスメも、色が濃いものだったりします。中国に長年住んでいると、このオンとオフの切り替えが、本来のメイクの楽しさを忘れられずにいられるので、なんかいいな、と思ったりもします。