予想以上にかかる地方ならではの生活費

——家探し以外に苦労したことはありましたか?

里帰り出産で実家に住んでいるとき、夫はハローワークに通って職探しをしていたのですが、夫の条件に合う仕事がなかなか見つかりませんでしたね。また、庭付き一戸建ての家賃の安さ以上に、お給料の安さにもびっくりしました。

そして、特に予想外だったのは支出の多さ。なんとなく地方移住したら生活費は安くなると思い込んでいたのですが……。例えば、ガス代! 1カ月に2万円かかる月もあって……住んでいるエリアがプロパンガスだったので、都内に住んでいた頃の何倍もガス代がかかりました。

これは一軒家だからということもあるのですが、冬は寒さも厳しく、家も広いため、電気代や灯油代も思いのほかかかったし、キッチンの水道が凍ったときは、どう対処していいか困りました。あとは、車が一人一台ないと生活できないので、維持費も大変。家賃は安いけれど、ここまで出費が多くなるのは移住して知ったことです。

写真提供/八木下泉

移住したら給料が減ることを見越して、事前に貯金をしていましたが、思ったよりもお金がかかって、東京に住んでいた頃と変わらないくらい支出がありました。移住前に光熱費も含めてきちんと調べていたら、こんなギャップは感じなかったのかもしれません。それも反省点のひとつです。

-AD-