Photo by iStock

日本株、じつは日銀の“政策変更”が「個人投資家」には案外悪くないワケ

日銀リスクを超えて力強い相場へ

ETF購入を調整

日本銀行が19日、政策決定会合の結果と、注目の「金融政策の点検」を発表、長期金利の変動幅をわずかに拡大するとともに、ETF購入を調整した(図表1)。

具体的には、10年国債の目標金利についてはゼロ%を中心とし、変動幅を上下0.20%から0.25%に拡大した。

また、ETF購入については、若干複雑だが、1)年間12兆円という買い入れ上限は維持、2)但し、「年間6兆円を原則」としていた点は削除、3)買い入れ対象を、TOPIX、日経225とJPX日経400から、TOPIX連動のみに狭めた。つまり、今後はコンスタントに買うとは限らないが、下落時の買い支えの可能性は残された。

 

対象については、ファーストリテイリングなど一部の銘柄の保有比率が高まることに配慮し、幅広く購入できるTOPIXベースとした。

加えて銀行の貸出促進のための付利制度が新設された。これについて日銀は、マイナス金利を深掘りした場合に貸出が縮小してしまうリスクを避けるため、としている。更なる緩和の手段があることを示したものだ。

関連記事

Pick Up

編集部からのお知らせ!

おすすめの記事

ABJ mark

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標 (登録番号 第6091713号) です。 ABJマークについて、詳しくはこちらを御覧ください。https://aebs.or.jp/