テレビ朝日『モーニングショー』HPより

玉川徹・羽鳥慎一コンビが率いる『モーニングショー』に対する「強烈な違和感」

コロナウイルス感染拡大の危機感を煽りつつ、視聴率を稼ぐ朝のワイドショー。政府のコロナ対策を批判するのは結構だが、現実はそんなに甘くない。口だけ番長は卒業して政治家になってはいかが?

国会議員も太鼓判

「玉川徹さんは、うちの事務所にも何度も取材に来ている。テレビ局という組織に埋没しないで仕事をする、最後の硬派ジャーナリストの一人といってもいいんじゃないかな。

『正論』を曲げずに組織のなかで生き残っているというのは、率直にすごいなと思います」

立憲民主党副代表の長妻昭代議士は、テレビ朝日の『羽鳥慎一モーニングショー』の顔ともいえる玉川氏のことをこう褒めそやす。

それもそのはず、「とにかくコロナの感染者数をゼロに近づけよう」という立憲民主党の戦略と、玉川氏が番組内で提言する内容は瓜二つなのだ。

photo by Getty images

「我が党が掲げる『ゼロコロナ戦略』は、『最大の経済政策はコロナを収束させること』という考え方です。検査を駆使して、一時的に経済活動を抑制しながらコロナを抑え込むという戦略は、他の島国でも採用されています。

私は朝の番組は『モーニングショー』しか見ていません。国会での審議も含めて、あの番組はとてもためになります。非常にいいと思います」(長妻氏)

もはや手放しとも言っていい絶賛ぶりだが、必要以上にコロナの危険性を煽ってきた同番組には批判の声も多い。

「羽鳥・玉川コンビが率いる『モーニングショー』は、視聴率のためにコロナ問題に関して意図的に危機感を煽っているとしか思えません。野党議員と同じように政権を貶めるのが目的の無責任な発言ばかりなのです。

 

実際、日本のコロナの死者数は欧米各国よりも二桁も少なく、日本政府のコロナ対策が国際的に比較して劣っているわけではない」(政治ジャーナリスト・石橋文登氏)

玉川氏は実際、どんな発言をしてきたのか。

編集部からのお知らせ!

関連記事