キラキラした新品を手にする喜びもありますが、世界はもうすでに物で溢れているし、大量消費社会の裏側では大量のゴミが毎日作り出されています。それが自然環境を破壊する要因になっているし、結果的に自分たちを苦しめることになり得るのです。

-AD-

イギリスに越してきた当初は、路上に置いてあるものをフラッと拾う友人に「汚くないのかな?」と戸惑ったりもしましたが、慣れてしまえばなんてことはないし、衛生面が気になる場合はきれいに拭けばいいことだし、それよりも物を大切に使う事の方が何倍も大切だなと思うようになりました。

なので物を買うとき「新品が必要かな?」「セカンドハンドでも対応できるかな?」と熟考するという生活を、これからもっともっと心がけていきたいなと思う今日このごろです!

そのためには、イギリスの人々のちょっとしたゆるさ、とても大事!(でもバランスも大事!笑)

イラスト・文/クラーク志織 編集/大森奈奈

ご意見をお聞かせください
FRaUでは、SDGsに関する意識調査アンケートと、「FRaU×SDGsプロジェクト」の会員登録を実施中。回答された方には、今後開催予定のワークショップやパーティなどのお知らせ、SDGsの最新トピックスをメールでお送りします。