増え続けるティラノ軍団のメンバー…2020年に報告されたジンベイサウルス・ワンギ

ティラノサウルス徹底研究 最終回
好評連載「ダイナソー小林の超肉食恐竜ティラノサウルス徹底研究」
ティラノサウルスの仲間を進化の度合いから一軍、二軍、三軍に分け、さらにそれぞれの棲息時期やエリアを整理してきた本連載もいよいよ最終回です。今回は、2020年に論文が発表された最新のティラノ軍団メンバーをご紹介します。

2020年 ジンベイサウルス

最後にもうひとつ、甚平サウルス――ではなく、ジンベイサウルス・ワンギをご紹介しておきましょう。こちらも2020年に発表されたもので、中国・山西省の白亜紀後期の地層から発見されたティラノ軍団メンバーです。

ジン(Jin)は山西省の略称が「晋(中国発音でジンと読みます)」で、「ベイbei」が北を表しています。つまりこれはジンベイザメとはまったくの無関係で、地名からつけられた名前なのです。

発見されたのは、頭骨の一部(両方の上顎骨、右歯骨)、2個の頚椎骨、5個の胴椎骨、腰の骨の一部(右の恥骨)と、残念ながらあまりいい標本ではありません。

では、このジンベイサウルスがティラノ軍団のどこに属すかというと、二軍と判断されました。ティラノ軍団の中でもシオングアンロンやティムルレンギアに近い種だったそうですが、ただ関係が近いだけではなく、体の大きさもシオングアンロンと同等レベルで、さほど大きくないメンバーということになります。

このように、ティラノ軍団の研究はまだまだ途上。今後もさらに新しい発見は続くでしょうし、そのたびにティラノ軍団の構成メンバーは増えていくはずです。

ここまでティラノ軍団の進化の解明について、2010年以降の研究を駆け足で紹介してきました。発見があるたびに進化の歴史が明らかになり、それと同時に新たな謎が増えていくようすが、みなさんにもリアルに体感していただけたのではないでしょうか。ティラノ軍団メンバーについて一つ一つつぶさに解説してきたのも、地道でありながらも着実に進んでいる恐竜研究のリアルをお伝えすることが目的でした。

研究とは地道な作業の連続。それゆえ、かんたんに答えが出るものではありません。そんななかで私たち恐竜研究者は、少しでも真実に近づけるよう、新たな発見を求めて日夜研究にはげんでいるのです。

* * *

本連載を最初から読むにはこちらから↓
「ティラノサウルスは恐竜を絶滅させた巨大隕石を目撃したか?」

〈小林先生監修&著書のMOVEシリーズ〉

『恐竜 新訂版』
2015年、2016年の最新の発見も網羅した、恐竜図鑑。画期的な羽毛恐竜クリンダドロメウスや飛膜をもったコウモリのような恐竜イー、2016年に発表された日本の恐竜フクイべナトルなど、最新情報がもりだくさん!
 
『恐竜2』
450万部の大人気学習図鑑シリーズを牽引する「恐竜」の最新研究を徹底紹介した図鑑が登場! ティラノサウルス徹底研究、最新恐竜図鑑 2016年から2019年に発見された主な恐竜を紹介。ほかの図鑑には掲載されていない恐竜も多数掲載!
 
『MOVEmini 恐竜』
最新の情報が豊富に掲載された、いちばん新しい恐竜図鑑! ポケットサイズながらも、美しいイラストや迫力のある写真で、臨場感あふれる恐竜図鑑になっています。2018年や2019年に発表された、ハルシュカラプトルやボレアロペルタ、バハダサウルスなどの新種の恐竜も掲載。
『はじめてのずかん きょうりゅう』
脳医学者がつくった「賢い子」を育てる 画期的図鑑の第二弾! ファースト恐竜図鑑として、おすすめです。肉食恐竜ティラノサウルス、スピノサウルスから植物食恐竜トリケラトプス、ステゴサウルスまで人気の恐竜を網羅。
 
『ぼくは恐竜探険家!』
「はやぶさの目」とよばれる、気鋭の恐竜学者・小林快次氏が恐竜学者としての道のりを、恐竜少年とよばれた少年時代から、「はやぶさの目」とよばれ、数々の大発見をなしとげるようになった現在まで、あますところなく語りつくしました。これからの恐竜研究恐竜学者にあこがれる子ども達の必読書です!

関連記事

ABJ mark

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標 (登録番号 第6091713号) です。 ABJマークについて、詳しくはこちらを御覧ください。https://aebs.or.jp/