Photo by iStock
# メンタル

「やろうと思っていても、できない」自分を変える、シンプルで確実な方法

落ちこみ、不安、クヨクヨ、ゆううつ……。コロナ禍のストレスもあって、こうしたネガティブな感情に悩まされている人は多いだろう。そんな人に共通しているのが、「わかっているけどできない」「やろうと思っているのにできない」といった口ぐせだ。しかし、初の著書『「メンタル弱い」が一瞬で変わる本』を出版した心理カウンセラーの片田智也氏は、「◯◯できない」は無自覚なウソだと一刀両断する。では、どう考えればよいか? 一瞬で行動できるようになる、「すごいひと言」を教えてくれた。

「できない」自分から抜け出す!

落ちこみや不安、イライラ、クヨクヨ。どんなに不快な感情にもかならず「そう感じるにふさわしい理由」があるもの。その自然な弱さは、環境の変化にうまく対応するよう「行動の修正」を求めています。

Photo by iStock

メンタルの自然な強さを手に入れるのにもっとも重要なのは行動すること。ですが、「本当はしたいのに」「やろうと思っていても」「理屈でわかっていても」、結局のところ、「〇〇できない」といって行動が止まってしまうということはないでしょうか。

「運動できない」「貯金できない」「ダイエットできない」「家事ができない」など、「やったほうがいいこと」や「やるべきこと」はわかっているのに手をつけられなかったり、始められなかったり。そんなことはありませんか。

どうすれば「わかっているのにできない」を抜けだすことができるのか。最初に理解して欲しいのは、あなたが使っている「〇〇できない」が十中八九、ウソであるということです。

 

なぜそう言いきれるのか。理由を説明しましょう。日本語というのはとても柔軟な言葉です。「できない」は本来、可能性を否定すること。正しくは「物理的に不可能であること」を示すための言葉です。

でも実際のところは違います。私たちは「したくない」や「めんどうだな」「苦手だ」「しない」など、とても広い範囲で「できない」という言葉を使っています。

編集部からのお知らせ!

関連記事