『花束みたいな恋をした』公式サイトより

大ヒット『花束みたいな恋をした』、有村架純のセリフをすべての大人が噛みしめるべき理由

(※)本記事は、映画『花束みたいな恋をした』、ドラマ『それでも、生きてゆく』のストーリーの核心に触れる部分を含みます。

「ちゃんと楽しく生きたいよ」

1月29日に公開された映画『花束みたいな恋をした』が、ヒットを続けている。興行収入は30億円を突破し、様々な世代の人々がこの作品について熱心に語っている状況だ。テレビドラマ『いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう』『カルテット』などで知られる坂元裕二が、2007年の『西遊記』以来久々に脚本を手がけた映画作品として注目を集めていた本作だが、従来の彼のファンにとどまらず、幅広い層にその魅力が届いていると言えるだろう。

 

ではこの映画のいったいどんな部分が、こんなに多くの人々を惹きつけているのだろうか。作品内で羅列されるサブカルチャー群について、ついつい語りたくなってしまうから? 恋愛における「あるある」的描写のリアリティに参ってしまうから? 学生から社会人になっていくプロセスの中にある「痛み」を上手く描けているから? もちろんそのどれもが、本作の大きな魅力である。

ただ私にとって特に印象的だったのは、主人公のひとりである絹が劇中で口にする、「わたしはやりたくないことしたくない。ちゃんと楽しく生きたいよ」という言葉だった。字面だけだと世間知らずの甘えた発言のように見える台詞だが、本作を観ると、この言葉がとても切実なものとして胸に響いてくる。

魅力的なラブストーリーの向こう側に、「人はどのように生きていくべきなのか」というとても普遍的な主題が浮かび上がるところが、本作を観た人の心を強く掴んでいるのではないかと思うのだ。

編集部からのお知らせ!

関連記事