Photo by gettyimages

習近平も恐怖する…尖閣を狙う中国に、マジギレの日米が放つ「凄まじい一撃」

今こそ、絶好のタイミングだ

クアッド首脳会議の「大きな成果」

日本と米国、豪州、インドの4カ国による初のクアッド(Quad)首脳会議に続いて、3月16日には日米の外務、防衛閣僚による安全保障協議委員会(2+2)が、18日には米中の外交トップ級会談が開かれた。日本は中国にどう向き合うのか。

3月12日に開かれたクアッド首脳会議について、私は先週のコラムで「合意できたら、すばらしい」と思う5項目のメニューを列挙した(https://gendai.ismedia.jp/articles/-/81081)。それは(1)クアッド4カ国による合同軍事演習と(2)情報交換の強化(3)対中制裁の共有化(4)中国の人権弾圧に対する弾劾行動、それに(5)来年冬の北京五輪への対応、の5項目である。

オンラインで行われたクアッド首脳会議。左上から時計回りにバイデン米大統領、モリソン豪首相、モディ印首相、菅首相[Photo by gettyimages]
 

結果はどうなるか、と思っていたら、共同声明には、残念ながら、5項目はどれも盛り込まれなかった(https://www.kantei.go.jp/jp/content/000079174.pdf)。具体的な成果と言えば、インド太平洋地域の途上国へのワクチン供給拡大くらいである。

声明は「インド太平洋へのワクチンの公平なアクセスを強化すべく協働する」と書いている。先週のコラムで書いたように、これは、首脳会議に消極的だったインドを取り込むために、残りの3カ国がインドに資金供与というアメを与えた、というのが話の核心だ。

インドがワクチン生産能力を拡大できるように、残る3カ国が資金供与し、首脳会議に賛成させた。ただ、それだけだと、いかにも「インドを買収した」形になるので、ワクチンをインド太平洋の途上国に供給するという、きれいな「お化粧」を施したのだ。

声明には「インドへの資金供与」部分は一切、盛り込まれなかった。だが、それはよしとしよう。ワクチン生産の拡大は、途上国に限らず、どの国にとっても、悪い話ではない。それで、インドが首脳会談に出てくれるのであれば、安い買い物である。

クアッドの成果はそんなところか、と思ったら、違った。

読売新聞が3月14日、日米豪印にフランスを加えた5カ国が4月上旬、初めてインド沖のベンガル湾で海上共同訓練を行う方向で最終調整に入った、という特ダネを報じたのだ(https://news.yahoo.co.jp/articles/b3da356c7545f9bdb38275c41df6efdfc939c84f)。2面2段という地味な扱いだったが、これには驚いた。

マクロン仏大統領(左)とモディ首相[Photo by gettyimages]
 

まさに、私が挙げた「合同軍事演習」でクアッドは合意していたのである。読売の記事は「クアッド」に一言も触れていない。クアッドの共同声明にも盛り込まれていない。だが、参加国の顔ぶれといい、タイミングといい、クアッド合意の一環とみて間違いない。

訓練海域こそベンガル湾で、私が期待した南シナ海や東シナ海ではなかったが、フランスが参加する。事実上、クアッドにフランスがオブザーバー参加するのも同然だ。英国は空母打撃群を南シナ海に派遣する方針なので、近い将来、英国も加わるだろう(https://www.sankei.com/column/news/210205/clm2102050003-n1.html)。そういう背景も書き込めば、1面トップの扱いでもおかしくない。

地味な扱いにした読売の事情は分からないが、記事のクレジットはニューデリー特派員で「印政府関係者が明らかにした」と書いている。中国を刺激したくないインド側の事情に配慮したのかもしれない。

この続きは、プレミアム会員になるとご覧いただけます。
現代ビジネスプレミアム会員になれば、
過去の記事がすべて読み放題!
無料1ヶ月お試しキャンペーン実施中
すでに会員の方はこちら
編集部からのお知らせ!

関連記事