工事中の選手村〔PHOTO〕Gettyimagse

高級マンション「晴海フラッグ」、「東京五輪の迷走」でいよいよ大ダメージを受けている

見通しは不安定

東京五輪の開催がますます怪しくなってきた。

菅政権は何とか開催したい、というスタンスだ。しかし、アメリカのバイデン大統領は2月7日、菅総理との電話会談で「安全に開催できるかどうかは科学に基づくべき」と言ったと伝えられている。

五輪が中止になれば、選手村跡地を分譲マンションに改装する東京都中央区の「晴海フラッグ」という分譲総戸数4145戸の大規模マンションの今後が、一気に不安定化する。

建設中の選手村〔PHOTO〕Gettyimages
 

販売は2019年の夏に始まり、すでに約900戸についての売買契約が終わったと広報されていた。

2020年、五輪の開催が翌年に延期されることが発表されると、晴海フラッグの売主は「手付金返還でのキャンセルを認める」と契約者に通知した。つまり、契約者にとっては何のダメージもなく、物件の購入をキャンセルできるということだ。

キャンセルできる期間は「引き渡し時期が確定するまでの間」とされている。

仮に2021年夏に五輪が延期開催されれば、引き渡しは当初の2023年から1年延びた2024年の4月になるのではないか。

しかし、2021年の開催が中止(もしくは延期)されたらどうなるのか? その見通しは不透明だ。

編集部からのお知らせ!

関連記事