Photo by iStock

子どもにローンの頭金400万円を渡したら…見事に裏切られた77歳女性の悲劇

どうせ思い通りにはならないんです

見事に裏切られた期待

父さんが亡くなって母さんがひとりになったら、この家で面倒見るから。安心してよね

新築の一軒家を前に、長男が誇らしげに胸を張る。当時はまだ夫も健在で、夫婦で話してローンの頭金として400万円を援助することにした。完成した家を見たときは、自分の家を建てたときより嬉しかった―。

そんな思い出も、今となってはすっかり霞んでしまった。山梨県にある老人ホームに暮らす前田洋子さん(77歳・仮名)は肩を落として語る。

Photo by iStock
 

2年前に夫が亡くなったので同居を持ち掛けたところ、長男から『その話はなかったことにしたい』と言われたのです。どうやら長男の嫁が『将来、介護なんか絶対にしたくない』と同居に反対したらしく……」

けっして老後資金に余裕があるわけではなかった。だが、「住宅資金を援助してほしい」と言われたときは、嫁の実家への見栄もあって無下にはできなかった。

子供と住めば孤独死の恐れもないし、話し相手にも困らない。人生の最後を迎える場所を決めようと、思いきってカネを渡したのです」(前田さん)

しかし、子供は助けてくれるだろうという期待は見事に裏切られたのだ。元・東レ経営研究所社長の佐々木常夫氏(76歳)は語る。

子供には子供の人生があります。私自身の場合も、もし娘夫婦に介護をしてもらえるなら、それは嬉しいことです。

でも、仕事で忙しい娘夫婦にすべて面倒を見させるのは大変だし、迷惑をかけたくもない。それなら介護はプロに任せたほうがいい。子供を愛しているからこそ、期待をしないのです」

編集部からのお知らせ!

関連記事