頼れる大人がいない……とSNSの悲痛な声

「このニュースみて、若者が大事にされない国だって実感した」

「生きているよりも楽だと思ったからの数字。子どもも負担を感じていること気づいてほしい」

「つらいときは頼って、って大人たちは言うけど、大人たちもピリピリして頼れない」

「大人に相談しろ? 相談できる大人どこにいるの?」

「子供は休校、その後はちょっと遊んでいるだけで白い目で見られて。コロナだからしかたないのはわかるけど、しんどいって思っていることも知ってほしい」
-AD-

SNSに並ぶ10代の悲痛な声―。

3月16日に文部科学省および厚生労働省自殺対策推進室、警察庁生活安全局生活安全企画課のそれぞれが、コロナ禍の『令和2年中における自殺の状況』を発表した。

大人世代の自殺数も昨年は増加傾向にあるが、なんと小中高生の自殺者数が、自殺数の統計を始めた1980年(昭和55年)以降で過去最多の499人になったことがわかった。未成年の自殺数は2016年以降増加傾向にあったが、コロナが始まった昨年は前年比100人増という結果になったという。

自殺率増加の原因に対して、厚生労働省自殺対策推進室は、コロナ禍での学校の長期休校、外出自粛で家族で過ごす時間が増えた影響で、学業や進路、家族の不和などに悩む人が増加したとみられる」と指摘した。

また、大学生を含む20代の自殺率も大きく増え、なんと前年よりも404人も増加し、2521人になった。

もちろん、コロナ禍がつらいのは子どもばかりではない。30代以上も仕事を失う人、収入が激減して家族との暮らしに絶望を抱える人も少なくない。報告書のデータを見ると医療従事者の自殺率も前年比よりも増加している。誰もが、今までなかった生活に戸惑い、我慢ばかりの生活に「もう限界」の旗を揚げだしている結果なのかもしれない。

先日、コロナ禍で「外で遊ぶな」「密になるな」と言われ続けた子どもたちに、「もうしんどい」の声が聞こえ始めたという記事を子どもたちに取材をし、掲載した。

「子どもたちもつらいよね」「僕らもつらいです」といった共感の声もあったが、逆に「子どもが辛いって大人も辛いんだ」「コロナでも働かなくちゃいけない大人の方が辛い」「コロナなんだから仕方ないだろう、みんな我慢している」といった大人たちの厳しいの声もあった。

大人たちももういい限界を感じている人も多い。そして、子どもの声は置いていかれがちに。photo/Getty Images

この大人たちの声は、「もう限界!」という叫び声なのだと思う。そう、みんなもう限界、いい加減、「我慢してください」に耐えられなくなっているのだ。

でもだからこそ、今一度、子どもたちの声も聞いてみてほしいと思うのだ。ライターの若尾淳子さんの記事を再構成してお伝えしたいと思う。