「外国語習得の極意」を、池上彰と元総理通訳が伝授!

池上彰×中川浩一(前編)
池上彰×中川浩一

中川 日本人って、外国語へのコンプレックスがあると思うんですけど、その一つに、たとえば英語をやるとき、「英語脳」を作らないと、英語は話せるようにならないというのがあります。しかし、私もそうでしたけど、帰国子女とか留学経験がないと「英語脳」を作ることは難しい。そこで、はなからダメだとあきらめる人や、やったけど「英語脳」にはならないということで、途中であきらめてしまう人が結構多いと思うんです。

私は24歳からアラビア語をやって、当然「アラビア語脳」なんてなかったわけですけど、本にも書きましたように、だから逆に「日本語脳」を重視して、徹底的に鍛えたんです。

 

エジプトでの語学研修中、毎日アラビア語でプレゼンする時間がありました。当時、まだアラビア語が全く話せないにもかかわらず、話せと言われる。そうすると、何を話すか日本語で考えるしかないんです。そして、それをアラビア語に置き換える。あとは、日本語をアラビア語に置き換えるスピードが上がるよう、ひたすら練習する。

今回、本を出版した後、「日本語でやってもいいんですね」という反応が結構ありました。日本語でやっていいとなると、外国語のハードルがものすごく下がる。池上さんは、日本人の外国語学習について、どのように考えてらっしゃいますか。

中川浩一氏

今の英語教育は間違ってる?

池上 今、英語をね、もっとやんなきゃいけない、中学からでは遅いから小学生のうちから勉強しなきゃいけないって、盛んに言っているでしょ。ああいうこと言ってる人は、英語の専門家ではない。ビジネスマンだったり、安倍さんのお友達だったりするような人が、海外に行って全然しゃべれない。中学、高校と、ずっとやってきたはずなのに、なんで話せないんだ、日本の英語教育はおかしい、って言ってるんです(笑)。私は、それは違うだろと。彼らは英語が話せないんじゃなくて、英語で話すべき内容をもってないんですよ。

国際会議に行くと、夜、立食パーティーがあるでしょ。でね、「How do you do? Nice to meet you.」と言ったあとが出てこないわけ。すると、俺はあれだけ英語を勉強したのに、なんで出てこないんだろうってなるわけです。海外の首脳たちって、教養が豊かなんで、仕事じゃないこともいろいろ話すわけです。そうなると全然ついていけない。英語ができないのではなくて、英語でしゃべるべき内容を持ってないだけなんじゃないかと。

私もちゃんとやったわけではないから、ブロークンなEnglishですけど、でも、とにかく取材だから聞かなきゃいけない。そういう、しゃべらざるを得ない環境に置かれると、人間ってしゃべれちゃうんですよ。そんなとき感じるのが、中学や高校で習った英文法とか、意外に役に立ってるなと。まずは主語があって、次に動詞があってと。ちゃんと基礎は身についてるんだなと思います。だから、何でも英語教育のせいにするのは違うだろと。その前に、もっと教養を高めなきゃいけないんじゃないか思いますけどね。

関連記事