©カラー/エヴァンゲリオン公式Twitterアカウントより

『シン・エヴァ』、私たちは「ゲンドウの描かれ方」に感動するだけでいいのか? 根本的な疑問




【注意】本稿は『シン・エヴァンゲリオン劇場版:||』、『エヴァンゲリオン』シリーズのネタバレを含みます。未見の方はご注意ください。




出発点であり、到達点ではない

『シン・エヴァンゲリオン劇場版:||』(以下『シン』)を観る前に、私が考えていたのは、ループでも並行世界でも続編でもぶん投げでもなく、ちゃんと「終わり」を見せてほしい、ということだった。作中の大人たちの行動と責任を、そして庵野監督の成熟と喪失を見てみたかった。何より作中のシンジ、レイ、アスカら子どもたちを解放してあげてほしかった。それに比べれば、作品として成功か失敗かは二の次に思えた。

2021年3月8日、公開初日の朝、劇場で『シン』を観終えた時、こう感じた。庵野監督は、可能なすべてに決着をつけていた。過剰な欲望の表現ではなく、成熟の道を選んでいた。これまでの『エヴァ』の物語に、登場人物たちの人生に、それ自体がディープインパクトとしてのエヴァ現象に、きっちりと決着を付けた。呪縛を自ら解き放ち、弔い、自己埋葬すること。ごくまっとうな断念。これでいいんだと思った。きっとこれでいいんだ、と。

©カラー/エヴァンゲリオン公式Twitterアカウントより
 

ところが数日経つと、次第に違和感が強くなってきた。解放された、呪いが解けた、青春が終わった、ありがとう……等々と悠長に感動している場合なのだろうか。ずっと「ガキ」のままの「男」だった「私たち」は、今さら成熟とか、弔いとか、母殺しとか、この20年、30年の間、一体何をやってきたんだ? 恥ずかしくはないのか? そうした羞恥心が強まってきたのである。

もちろん、そうした批判の集中砲火をくらって火だるまになることも、庵野監督はわかりきっていたのだろう。それでもあえてやらざるをえなかったのだろう。しかしそれでもやはり、これは出発点であり、到達点ではないように思えた。

編集部からのお知らせ!

関連記事

ABJ mark

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標 (登録番号 第6091713号) です。 ABJマークについて、詳しくはこちらを御覧ください。https://aebs.or.jp/