Photo by iStock

ラストバンカー・西川善文が語っていた「成果を出す人がやっていること」

西川善文『仕事と人生』(7)
2020年9月に逝去した三井住友銀行元頭取・日本郵政元社長の西川善文氏は、2013年から翌年にかけ、記者と編集者を相手におおいに語ったことがある。仕事とはどのようにするべきなのか、どんな人が成果をあげるのか。語られたことは、長年、大組織の中で人に揉まれ、人を観察し、お客と相対し、トップとして人を率いた経験と、持って生まれた眼力によって培われた、西川善文ならではの奥深いものだった。死去から半年経った3月に、それを一冊の本『仕事と人生』として刊行することになった。「ラストバンカーの遺言」というべき本書から、どんな時代も変わらぬ仕事術を、数回にわたりご紹介したい。

人の目が届かない仕事で甘えてはいけない

成果が出る仕事のやり方を簡単に言えば、まず目的を明確にすることである。目的があやふやでは何をしていいかわからない状態になる。どんな仕事でも人を相手とするだけに、目的が相手にきちんと伝わらなければ意味がない。

次に目的を達成する方策を考える。そして、実行に移す前に条件が整っているかどうかを確認する。これが動き出すときの前段階だ。

実行するときはチェックが重要になる。たとえば、交渉している過程で「目的とする方向に進んでいるか」をチェックする。交渉が終わり、契約する段階では、「本当に自分の目的としたものになっているか」「できあがった成果が満足できるものか」をチェックする。チェックを怠っていい加減な状態に放っておくと、自分の目的にかなわないばかりか、人に迷惑をかけることにもなりかねない。そこは最後まで気を抜かず、仕上げるためのチェックを怠ってはいけない。

 

仕事が忙しく、大変なときは「この程度、できればいい」と、つい妥協してしまいがちである。とりわけ他の人の目が届かない仕事は、甘えようと思えばいくらでも甘えられる。しかし、それではいい結果が出てこない。したがって、「甘えてはいけない」と自らを戒める姿勢が絶対に必要である。そして、間違いは間違いとして認め、きちんと訂正し、正しい方向に持っていかなければいけない。その際、少し視点を変え、客観的に見直すことが一つのポイントだろう。言い換えれば、いかに自分を冷静に見ることができるかということである。

関連記事