【アメブロブロガー・オギャ子の「捨てる育児」#14】

3人兄弟の母でブロガーのオギャ子さん(ブログはこちら)が子育てをする中で、「これは引き算できる!」or「いや、これは流石にできない…」と学んだことについて、自身の経験談から書き下ろしの漫画と写真とともに教えていただく本連載『捨てる育児』、第14回目のテーマは「夫婦のバランス」について​。

前回の記事では、単身赴任でハードなお仕事をしていた夫が、3兄弟のワンオペ育児に励む妻・オギャ子さんと「このままの生活でいいのか?」と話し合い、後悔しない人生を送るために、高給だった会社を退職しフリーランスへ転向すると決めたことについてお伝えくださいました。

子供たちもどんどん成長し、この先どんなことが起こるのかも分からない。だからこそ、この決断に至るまでにはここでは明かし切れないほどの話し合いがあったそう。

そこで今回はその続きとして、この結論に至るまでに夫婦間でどのようなことについて話し合ったのか、より具体的な内容について夫の視点から教えてくださいました。

夫婦の形は家庭によってさまざまだけれども、今の社会は子育てのために「妻」が仕事をセーブするのがより一般的。そんな中この決断を下すまでに、特に慎重に考え悩みに悩んだ「問題」とはなんだったのでしょうか?

先日3月8日に「国際女性デー」を迎えた今、改めて「夫婦間のバランス」について考えてみませんか?

オギャ子さんのインスタグラム「オギャスタグラム」でもまだ出していない、未公開エピソードをご覧ください。

オギャ子(おぎゃこ)
1982年、大阪生まれ。アメブロブロガー。マイペースなちゅんたん(長男)、心優しく激しさも持つゆいたん(次男)、甘え上手なほーちゃん(三男)という三兄弟の母。夫は輪郭が四角いことから「四角」と呼ばれている(オギャ子さん命名)。転勤族だったが、最近ついに一軒家を購入。四角さんも転職し、いまは家族みんなで大阪住まい。

イラスト・文/オギャ子

今度は妻のターン!
今の僕たちが辿り着いた「決断」

\右にスクロールしてお読みください!/