インスタグラムで出産を報告

メーガン妃の「気の毒だ」という発言は伝聞が報道されたもので、真偽のほどは定かではありませんが、ヘンリー王子とメーガン妃の長男アーチーくんの誕生は、インスタグラム(https://www.instagram.com/p/BxNBHHchfUM/)で発表されました。

ヘンリー王子とメーガン妃のインスタグラムのアカウント「SussexRoyal」が開設された当時、過去最速5時間45分でフォロワー数100万人を獲得してギネス世界記録を達成しました。

photo by gettyimages

アーチーくんの誕生までに、ウィリアム王子とキャサリン妃のインスタグラムのアカウント「Kensington Royal」のフォロワー数を上回るのではないかと見られていましたが、どちらのアカウントもまったく同じペースでフォロワー数が増え続け、「SussexRoyal」が「Kensington Royal」のフォロワー数を上回ることはありませんでした。そのことで、陰謀論めいた報道もありましたが、「SussexRoyal」は2020年3月30日で更新を停止しました。

YouGovが行った世論調査によると、英国人の38%は、王族であることは特権であると同時に負担でもあると考えており、王室の生活が気楽なものであるという幻想も抱いていないようです。

photo by gettyimages
-AD-

カメラの前でロイヤルベビーを披露してきたキャサリン妃が人気が高いのは、表層的な美しさだけでなく、王族である以上、相応の負担を負うべきべきという理性的、道徳的な考え方に応えてくれるからでしょう。利益になることならなんでもやれという考え方もあり、現代の世の中を分断するひとつの原因になっているように思えますが、王族に対して、そういった考え方は今のところ忌避される傾向があるのではないでしょうか。