なぜ日本は壊れていったのか…「ロッキード・リクルート事件」の真相

【特別対談】真山仁×大西康之(後編)

592ページにも及ぶ超弩級ノンフィクション『ロッキード』(文藝春秋刊)著者・真山仁氏と、リクルート創業者江副浩正の真の姿を描き切った『起業の天才!』(東洋経済新報社刊)著者・大西康之氏の特別対談後編。

田中角栄と江副浩正の逮捕・失脚で日本は何を失ったのか? なぜ「ありえない」ことが次々と起きたのか? ロッキード事件がなければリクルート事件もなかった……?

語られざる「ロッキード・リクルート事件」の真相から、この国のかたちと難題が見えてくる。

(前編「日本人が『田中角栄』を大好きかつ大嫌いであるワケ」はこちら)

(構成:藤岡雅、写真:村田克己)

 

検察との仁義なき攻防

真山 ロッキード事件は、目白の大豪邸に住み、金権政治でのしあがった総理大臣・田中角栄を追い詰めた特捜検察の執念が実を結んだ事件でもありました。それを世論が後押ししたという背景も見えてきます。

大西 リクルート事件も、「未公開株」を政治家に配った「成り上がり」江副浩正への憎悪の世論が特捜部の捜査や裁判を後押ししました。しかし、どちらも裁判で有罪判決がくだされながら(田中は一審、控訴審で有罪、最高裁の審理中死亡により公訴棄却。江副は一審、検察と江副双方控訴せず有罪確定)、冤罪だという見方が根強くあります。

真山 ロッキード事件には、ざっくり言えば、大物フィクサーの児玉誉士夫が21億円を受領したという「児玉ルート」と全日空が買った大型のジェット旅客機「トライスター」をめぐる「丸紅(まるべに)ルート」があります。児玉ルートで火がついたロッキード事件は、丸紅ルートで角栄に襲い掛かってきました。

1976年7月27日、田中角栄は東京地検特捜部に逮捕されます。総理在任中に、総合商社の丸紅を通じてロッキードから同社のトライスターを全日空に導入させる見返りの賄賂として、5億円の現金を受け取ったという容疑でした。検察は受託収賄罪で起訴し、東京地裁は検察の主張を認めて有罪とします。

しかし、この裁判には不可解な点がたくさんあった。

民間企業の機材の選定に総理が口出す権限などありません。たしかに当時の航空会社は、監督官庁の運輸省(現・国土交通省)の強力な権限のもとにありましたので、運輸大臣に賄賂を贈って口利きをさせたというのならわからなくもない。ロッキードの裁判では、検察も裁判所もその運輸大臣を総理大臣は指揮監督する権限があったとして角栄を有罪にしましたが、もし総理にそのような職務権限があるとされれば、総理は国政のありとあらゆる業務に対して職務権限があることになる。これは法をあまりに拡大解釈しています。実際に、こうした批判は少数ながら当時からありましたが、角栄バッシングの猛威の中で封殺されていきました。

関連記事

おすすめの記事