〔PHOTO〕Gettyimages

ファイザー以外は2流品…? 欧米で「ワクチン選り好み問題」が深刻化

選択肢のない途上国には中露製が浸透中

ジョンソン&ジョンソン製投入で

欧米では、ここに来て実用化される新型コロナ・ワクチンの種類が増えるにつれ、それらに対する人々の選り好みが生まれるのではないかと心配されている。

米国では今月、FDA(食品医薬品局)から認可された3番目の新型コロナ・ワクチンとして、米ジョンソン&ジョンソン製品の接種が開始された。

Gettyimages

それ以前から使われている米ファイザーと米モデルナ製のワクチンはいずれも(原則的に)全部で2回の接種が求められるのに対し、ジョンソン&ジョンソン製の方は1回だけで済む。

このため集団免疫の達成を早めてくれるとの期待が膨らむ一方、このワクチンには医療関係者らから、ある種の懸念も寄せられている。

ファイザー、モデルナ製のワクチンは共に臨床試験で95%の発症予防効果が示されたのに対し、ジョンソン&ジョンソン製は72%に止まったため、米国民がこのワクチンを敬遠して、代わりに(より予防効果が高いと見られる)ファイザー、モデルナ製を希望するかもしれないというのだ。

また、ノースカロライナをはじめ一部の州では、州内の農園で数週間だけ働く外国からの季節労働者など2回のワクチン接種を受け難い人たちに向けて、ジョンソン&ジョンソン製のワクチン接種を検討している。

 

しかし、そうした接種対象者の中にはホームレスや刑務所から出所間近の囚人らも含まれているため、これが同ワクチンに対する偏ったイメージを形成してしまう恐れも囁かれている。

編集部からのお知らせ!

関連記事

ABJ mark

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標 (登録番号 第6091713号) です。 ABJマークについて、詳しくはこちらを御覧ください。https://aebs.or.jp/