西川善文が晩年に語っていた、仕事ができる人ほど避けないといけない落とし穴

西川善文『仕事と人生』(5)
西川 善文 プロフィール

「君は銀行を背負って立つ男だから、身体に気をつけて」と、かつて私は宿澤さんに言ったことがあるし、外部のジャーナリストから「行員はみんな、宿澤さんに自分のセクションの上司として来てほしいと思っている」と聞かされたこともあった。リーダーとして大いに期待されていたが、残念なことに登山中に急逝してしまった。本当に惜しいことをした。生きていれば、たぶん頭取になっただろう。

東京ドームの屋根を作ったすごい会社

これまでに接した経営者の中で名前を挙げるならば、太陽工業の能村龍太郎さんという方は頭がよくて行動力がある人だった。まだ私が住友銀行に入行して大阪の大正区支店に配属された駆け出しの頃、担当する地区に太陽テントという太陽工業の関連会社があり、能村さんには何度かお目にかかった。

Photo by iStock
 

太陽テントのほうは催し物などがあると注文を受けてテントを張る会社だが、太陽工業はテントを作っていた。テント製造では全国的に有名な会社である。能村さんは本当のアイデアマンで、粉体を入れる袋を開発するなど、新製品開発を得意とした。そればかりかテント製造の技術を進化・発展させていった。東京ドームの屋根を作ったのは太陽工業である。会社の経営以外に、しっかりとした文章の著書を世に出すなど、実にユニークな経営者だった。

「仕事ができる」と言えば、伊藤萬(のちのイトマン。以降、イトマンと記す)の社長を務めた河村良彦氏もそうだった。昔は今のように誰でもかれでも大学に行ける時代ではないので、住友銀行にも旧制中学出身の人や旧制高校出身の人が少なからずいたが、大学卒ではない行員の中で大出世したのは、私の記憶だと二人だけだ。そのうちの一人が河村氏である。

関連記事

ABJ mark

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標 (登録番号 第6091713号) です。 ABJマークについて、詳しくはこちらを御覧ください。https://aebs.or.jp/