インターネットの普及により、日本でも浸透しつつある「クラウドファンディング」。メーカーとユーザーが想いでつながる、クラファンで実現したものづくりを紹介します。

ビールとワイン醸で染めたタオル
〈NOKORI-FUKU〉

ビールを醸造した後に出る麦芽や、ワイン醸造後の余った原液を使用して染め上げたタオル。役目を終えた残り物が、化学染料には出すことができない深い発色を可能にした。創業94年の泉州タオルのメーカーが、同じく大阪府にあるブリューパブと、ワイン醸造所とのコラボレーションで開発した地元メイドの逸品で、産地の広報にも一役買っている。地ビールタオル・バスタオル¥7000、ワインタオル・フェイスタオル¥3000/nokori-fuku.jp

CROWDFUNDING DATA
支援総額:506,580円
支援者数:58人
達成率:101%

手軽に漬物がつくれる漬物ポット
〈Picklestone〉

スリムな容器で、冷蔵庫の中でも場所を取らずに漬物を漬けられる〈ピクルストーン〉。2017年にクラファンを開始。僅か3日で目標を達成するほど注目を集めた。職人とデザイナーが協力しながら改良を重ね、計3回のクラファンを実施。最新版は宮城県石巻市の井内石を使用し、東日本大震災の被災地復興にも寄与している。(左)Picklestone115 ¥9800、(中央)Picklestone150¥9800、(右)Picklestone220 ¥12800/picklestone.jp

CROWDFUNDING DATA
支援総額:3,988,000円
支援者数:420人
達成率:1329%

一枚であったか
〈3SOUクツシタ〉

冷えが気になる足元の強い味方。重ね履きをしなくても、一枚で温かい靴下がクラファンから誕生した。内側はシルク、外側は綿の素材を使用。いずれも環境に優しい天然素材を選んでいる。老舗の靴下メーカーが独自に開発した3層編みの技術によって実現。クラファンをきっかけにこの靴下を知った人も多く、そのはき心地の良さでリピーターが続出中。豊富なカラーバリエーションも魅力。他に黒やグレーもあり全12色。各¥1800/www.ririla.jp

CROWDFUNDING DATA
支援総額:2,236,900円
支援者数:393人
達成率:2236%