K-POPの人気ボーイズグループ「NCT」の日本人メンバーであるユウタ(25歳)が先日、インスタグラムのフォロワー数が500万人を突破し、日本人男性タレントにおいて山下智久や山崎賢人(「ざき」の漢字は「たつざき」)らを抑えてフォロワー数が1位になった。ユウタがインスタを開設したのは2020年の3月。わずか1年でこの記録を達成したことになる。

ユウタ〔PHOTO〕ユウタの公式インスタグラムより

SMエンタ初の日本人メンバー

ユウタが所属するNCTは、東方神起やSHINee、EXOなどで知られるSMエンターテインメント(以下、SMエンタ)が擁する次世代型のボーイズグループ。韓国の芸能事務所の大手であるSMエンタは入所するための審査が厳しいことで知られているが、ユウタは日本人で初めてそれをパスしてデビューまで漕ぎ着けた存在である(ちなみに昨年、NCTには2人目の日本人メンバーであるショウタロウが加入、そのダンスの実力の高さで注目を集めている)。

本名は中本悠太。大阪出身であることから、ファンからは「たこ焼きプリンス」と呼ばれている。東方神起に憧れて歌手を目指していた彼は、日本で開催されたSMエンタのオーディションに合格し、2012年、16歳のときに単身韓国に渡った。いまでは流暢な韓国語を話すことで知られているが、渡韓するまでの1ヶ月くらいの間、家のトイレの壁に韓国語をびっしり書いた紙を貼るなどして独学で韓国語を学んだことを「MEN'S NON-NO」(2019年3月)のインタビューで明かしている。

歌唱力の高さに定評があり、グループ内ではボーカルを担当。関西人らしい明るい性格でコミュニケーション能力も高いことから、2016年のデビュー前から韓国のトーク番組に出演している。筆者はネットでその番組の動画を見たことがあるのだが、日本人の国民性という小難しいテーマについて、『つくし世代~「新しい若者」の価値観を読む~』(光文社新書)の内容に言及しながら明解に説明しており、その聡明さに驚いたのを覚えている。

トーク力を活かして、昨年末からはInterFM897で冠番組「YUTA at Home」もスタート。放送時間中は毎週番組名がTwitterでトレンド入りするほどの人気である。