親子だって、別の人間。深く理解しあっていることもあれば、どうしても理解のできないこともあるかもしれない。しかもそれが義理の親の場合、「理解できない」比率は多くなるのも当然で、特に「義母」との問題には悩みの声が多く寄せられる。

義母の謎の行動に長く悩んでいたのが、フリーライターの上松容子さんだ。結婚前に夫の実家を訪ねた時、専業主婦の鏡のようにかいがいしく夫の世話をやく義母だったが、孫である上松さんの娘が話しかけても無視したり、義父ががんとなって亡くなった時に驚くような言動を見せたり、実家売却のときに勝手に格安で売却してしまったり……義理の娘である上松さんは戸惑うばかりだった。上松さんの父ががんとわかり、一時期同居を提案した時の冷たいはねつけには心が凍り付いたが、一人にしておくこともできず、二世帯住居での同居を決意する。しかし同居がはじまると、お願いしては直前に断るという義母の行動に振り回されることとなってしまった。

連載「謎義母と私」、今回は、同居がスタートし、お願いに振り回されていた時を同じくして、認知症なのかと疑うようになった不可解な行動についてお伝えする。なお、個人が特定されないように上松さん自身もペンネームであり、登場人物の名前は仮名としたドキュメンタリーである。

容子    20代後半で結婚。現在50代
夫     容子と同い年。営業職
明子    容子と夫の一人娘
義父       東京近郊在住 大正生まれ 中小企業社長
義母トミ子 昭和ヒト桁生まれ 元看護師 専業主婦
上松容子さん連載「謎義母と私」今までの記事はこちら
-AD-

「覗かれている」「悪口を言われてる」

一人暮らしの家から、新築の家にやってきた義母は、こちらでの暮らしになかなかなじまなかった。親戚からもさほど離れず、何十年も同じ土地に住み続けてきたのだ。70歳を過ぎての引っ越しは精神的にもきつかったのだろう。ご近所への引っ越し挨拶もしたがらないというのは解せなかったが、無理強いしてもいけないと考え、義母が来た旨は私が隣近所に伝えて歩いた。

引っ越しから数カ月。行きつけの美容院の店主を「ツンケンしている」と決めつけた後、新たな美容院を探しがてら、近所の散策をしたらしい。買い物をする店を見つけて、日常生活には困らなくなった。

それなのに、家の周囲の人とはほとんど没交渉だった。唯一、家の向いに住む奥さんとはちょっとした挨拶をしていたが、それも早々に切り上げて家の中に入ってしまう。

戸惑ったのは、家に人が訪ねてきたときのことだ。町内会の件でお隣さんが来るとか、宅配便が届けられたりといった程度のことだから、用件は玄関で済む。ドアホンが鳴り、私が玄関先に出て応対しているとき、来訪者がギョッとした表情になることがあった。振り返って総毛立った。義母が廊下の角から顔を半分だけ出して、こちらを凝視していたのである。まるで「家政婦は見た」の市原悦子だ。私と目が合うと、毎回スーッと顔を引っ込めた。
ある日の夕方、容子さん容子さんと手招きするので近寄ると、顔をしかめ、ヒソヒソ声で話しかけてきた。

「近所の人が、家の中を覗いていくんだよ。それに、みんなが集まってウチの悪口を言ってる。だからカーテン閉めて、夕方はすぐシャッター下ろすことにしたんだよね」

Photo by iStock

我が家の構造からいって、窓から家の中を覗くことはできない。集まって陰口叩かれるということも考えにくい。幻聴や被害妄想だとしたら、認知症の始まりかもしれない。いやいや、環境が激変して混乱し、挙動不審になる高齢者の例はあるようだ。そういうことなのだろうか。早まらずに、しばらく様子を見よう。