Photo by iStock

ラストバンカー・西川善文が一刀両断した「口先だけの駄目上司」

西川善文『仕事と人生』(2)
2020年9月に逝去した三井住友銀行元頭取・日本郵政元社長の西川善文氏は、2013年から翌年にかけ、記者と編集者を相手におおいに語ったことがある。仕事とはどのようにするべきなのか、どんな人が成果をあげるのか。語られたことは、長年、大組織の中で人に揉まれ、人を観察し、お客と相対し、トップとして人を率いた経験と、持って生まれた眼力によって培われた、西川善文ならではの奥深いものだった。死去から半年経った3月に、それを一冊の本『仕事と人生』として刊行することになった。「ラストバンカーの遺言」というべき本書から、どんな時代も変わらぬ仕事術を、数回にわたりご紹介したい。今回は自ら動かぬ駄目上司について。

率先垂範を忘れるな  

しばしば見かけるのだけれども、自分では何もせず、口で言うだけの上司がいる。こういう人に限って、「失敗はすべて部下が悪い」という考え方を持っているものだ。自分が何もしないで、ただ結果だけ見て「駄目だ」とか「いい」とか言っているようでは上司として失格である。ましてや朝から晩まで椅子に座っていて、部下の動きを見ているだけというのは論外である。

人の上に立つ人はいかにして部下を指導、監督していくかが最も問われる。その際、率先垂範ということを忘れてはいけない。すべてを部下にやらせるのではなく、ときには自らが動き、問題を解決していくために努力する。状況によっては、部下と同じレベルに立って動かなければならないこともある。そういう思考を持つ上司でないと、本当の意味で部下はついてこない。

たとえば、なかなか契約にたどり着けないお客さまがいたとしよう。担当している部下が四苦八苦して埒が明かないようであれば、上司が一緒に訪問し、よく話をして、こちらを向いてもらうように努力すべきである。

 

「成績が悪いのは部下だけの責任ではなく、上司である自分の責任でもある。自分が適切に指導していないから部下の成績が上がらない」

こういう考え方に立てば、部下とともに難しいお客さまのところへ行って説得しようという発想が自然に出てくるはずだ。

関連記事

ABJ mark

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標 (登録番号 第6091713号) です。 ABJマークについて、詳しくはこちらを御覧ください。https://aebs.or.jp/