今からサーキュラーエコノミーに取り組んだら世界はどうなっている? リニアちゃんは、さきゅらちゃんに連れられて30年後の世界をのぞきに行きました。

教えてくれたのは……
中石和良さん
2013年にBIO HOTELS JAPAN(一般社団法人 日本ビオホテル協会)を設立。2018年に一般社団法人 サーキュラーエコノミー・ジャパンを創設し、代表理事として日本でのサーキュラーエコノミーの認知拡大を推進する。

「買い物こそ人生。
物欲を満たすって最高!」
(リニアちゃん)

さきゅらちゃん:
「え!? モノを買って所有するよりサービスを利用したほうがずっと快適だよ」

2050年にタイムスリップしたリニアちゃん。モノが少ないさきゅらちゃんの暮らしを見て仰天! 「必要なモノはレンタルして、いらなくなったらメーカーに返してるの。だから使わない家具や家電なんてひとつもないの」とさきゅらちゃん。

携帯電話やパソコンは最新モデル、洋服や靴もトレンドを押さえたオシャレなものばかりで、生活費を切り詰めてお買い物にあてているリニアちゃん、「さきゅらちゃん……、社長令嬢なの!?」といぶかしむ。

「ううん、携帯やパソコンもレンタルで、最新モデルが出たら交換してくれるの。服や靴も買わずに借りればトレンドのものを安く着られるし、着なくなったらまた別の人が着るから廃棄物も出さずに済むの。しかもこの靴は100%海のごみから作られてるんだよ」。

「え、靴がごみから!? てか服も家具も借りる? 新品ピカピカのモノを血眼になって買ってた私の人生って、一体何だったの~!?」(つづく)

-AD-

「でも買い物できない人生って、
つまらなくない?」(リニアちゃん)

さきゅらちゃん:
「本当に欲しいのは『モノ』じゃなくて、『快適で心地いい暮らし』なんじゃないかな。」

物欲女子だったリニアちゃん、サーキュラーエコノミーの世界は少し物足りない様子。そこでさきゅらちゃんが案内したのが美顔器メーカー。

「最新の美顔器を借りられて、使った時間の分だけお金を払えばいいんだよ」。「これ超高いやつ……毎月こんなに安く使えるの最高!」。しかも使い方や使用時間を自動的に記録して、さらに使いやすい新商品を作ってくれると聞いて、リニアちゃんはびっくり。

「使えば使うほどいい商品が生まれるなんて、めっちゃよくない? 修理とかメンテナンスもしてくれるなんて、サーキュラーエコノミーって神!」。「自分で所有するとお金もかかるし、修理や廃棄も手間がかかるけど、サービスを利用すれば楽だし快適でしょ。いつも最新モデルを使える楽しみもあるし」とさきゅらちゃん。

「現代に戻ったらみんなにサーキュラーエコノミーの良さを伝える! 30年で絶対追いつくから」。最新の美顔器を握りしめ、リニアちゃんは現代に帰っていったのであった。(おわり)