話題のSNS『CLUBHOUSE』は出会いの宝庫?

しかしながら、コロナ禍の収束にはまだまだ時間がかかる。

リアルの出会いを求めて出かけられない今、それでも婚活に励もうとするならばマッチングアプリを使うほかないのではないか。すぐにでも結婚したいアラサー女子たちは1日だって無駄にできない。

ところが森田によると、つい先日、マッチングアプリよりも有効な出会いツールが彗星の如く登場したのだという。

「マッチングアプリ研究家を名乗る僕が言うのも……ですが、今ならマッチングアプリよりCLUBHOUSEのほうが断然出会えると思います」

CLUBHOUSEとは、2020年にアメリカでローンチした音声SNSだ。招待制かつiOS限定という縛りがある中、日本でも先月頭から爆発的にユーザーを伸ばして話題となっている。

森田によると、この新しいSNSであるCLUBHOUSE上で、マッチングアプリよりも上質な出会いが期待できるというのだ。

電話番号認証が必要で、原則として実名登録が要求されるアプリであるため、一定レベルの身元保証がされるという点もポイントである。

また最初から1-1のコミュニケーションではなく、まずはお互い集団の中でトークを交わすという出会い方も自然で受け入れやすい。さらには同時刻に同ルームに居合わせたというセレンディピティ感までアドオンされる。

フィーリング、タイミング、ハプニング。恋が始まると言われる3要素が、CLUBHOUSEには揃っているのだ。

「対面しなくても、オンライン上の声だけのやりとりでも、性格や雰囲気までかなりわかるものなんですよ。マッチングアプリでDMのやりとりを繰り返すよりもずっと親密になれますし」

何やら興奮し始めた森田は、頬まで紅潮させて饒舌に続ける。

「CLUBHOUSE内ではアイコン写真しか見えないけど、だいたいの女の子はInstagram連携してるのでビジュアルもそこから確認できるし、個別DMも送れる。どう考えてもマッチングアプリより効率的です……!」

出会いに貪欲な、目ざとい男女たちがこのツールを見逃すわけがない。実際、すでにCLUBHOUSE内では“合コン部屋”が立ち上がり夜な夜な盛り上がっているという。

日々目まぐるしく変わっていく東京の婚活市場。マッチングアプリの次の一手として、まもなくCLUBHOUSEが主流になる日も近いかもしれない。

-AD-
共著作家、山本理沙さんと安本由佳さんの最新著書『不機嫌な婚活』(講談社刊)が好評発売中。婚活市場を生き抜く女子をリアルに描いた、伝説のWEB連載を書籍化!