# モラハラ

流産してしまった26歳の妻に、モラハラ義母が放った「ヤバすぎる一言」

あまりに無神経な…
佐藤 千恵 プロフィール

「出過ぎたことを言って恐縮ですが、将来のためにも、お義父さんもお義母さんも妹さんも、みんなで働く事は考えないのでしょうか?」

「私は今更働けないわよ~」

恵里さんの言葉に姑が笑いながらかぶせてきました。ヘラヘラと笑いながら言う姑に、恵里さんはどうしようもない怒りを感じます。

結局この場は敬さんが、

「恵里が仕事を辞めるまでに俺が何か考えるから、それまでは今まで通りで」

と言ってお開きとなりました。そして何も変わらないまま時は流れます。

 

あまりにも無神経な一言

そんなある日、悲しいことが起きました。残念なことに、恵里さんが流産してしまったのです。失意のなか自宅で静養していたところに、姑がお見舞いにやって来ました。

「具合はどう? 残念だったわね。でもまだ若いんだし大丈夫よ」

姑なりの励ましでしょうが、次の姑の言葉に恵里さんは打ちのめされます。

「恵里さんお仕事はどうするの? こうなったら辞めないでしょう?」

伺うように聞いてきた姑に、恵里さんは「結局、援助のことが心配で様子を見に来ただけなんだ」と感じました。こんな時までお金の事かと空しさでいっぱいになり、早く姑に帰って欲しくて、

「仕事は辞めません、体が回復したらまた働きます」

そう短く告げた恵里さん。

「私がそう言った瞬間の、姑の「あぁ良かった」という何とも言えない嬉しそうな表情。絶対に忘れません」

恵里さんは当時をこう振り返られました。

編集部からのお知らせ!

関連記事