# モラハラ

26歳妻が絶句…夫の給料をむしり取る「モラハラ義母」、反発したら返ってきた「衝撃の一言」

義実家が依存してくる…

前回の記事では、一般的に夫婦間DVと認識されている「経済的DV」について、姑から経済的に支配されるケースをご紹介しました。私がこれまでDV被害者の方から相談を受けてきた経験上、義理の実家から経済的支配を受けるケースはおおむね、

(1)「義理の実家が比較的裕福でお金を盾に支配してくるケース」

(2)「義理の実家が経済的に困っており子世帯に依存するケース」

の2つに分けられます。

今回はこのうち後者のケースを、プライバシーに配慮してご紹介したいと思います。

巻 恵里さん(仮名、以下同)は看護師で、私と初回面談をした当時は56歳でした。カウンセリングの中で語られた恵里さんの結婚生活は、まさに義理の実家に経済的負担を強いられ続けたものでした。

〔PHOTO〕iStock
 

恵里さんは、4歳年上の夫である敬(たかし)さんと友人の紹介で出会い、恵里さんが26歳の時に結婚しました。当時、恵里さんは総合病院に勤務しており、一方の敬さんは地元の小さな商店に勤めていました。恵里さんの両親は、敬さんの会社名を聞くと「収入が不安」と言って結婚に反対しました。

「親は反対しましたが、でもこの頃、同期は次々結婚していて、私も早く結婚しかったんです。それに夫は優しかったから、むしろ夫の良い面を見ず、収入を理由に反対する両親を残念に思ったくらいです」

一方、敬さんの両親(後の舅姑)は、結婚を祝福してくれました。敬さんは当時、両親と妹の4人で実家暮らしをしていましたが、特に姑は恵里さんが看護師だと聞くと「立派な仕事ね」と喜んでいたそうです。

編集部からのお知らせ!

関連記事